2013年10月24日

鼠径部痛について

これはプレーが複雑多様化してきた現代サッカーで
かなり頻度を増してきている症状です

また、原因も様々で、たとえば鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)や
スポーツヘルニア(鼠径部痛症候群)によるものや
内転筋腱や腹直筋腱の炎症や拘縮によるもの、
閉鎖神経のエントラップメントや、恥骨の薄筋腱付着部の剥離骨折、
腸腰筋の炎症、関節唇の損傷や炎症によるもの、
またそれらが複数合わさって症状が出現する場合もあります

治療法は診断された傷病によってさまざまですが
間違った診断や見落としなどで
原因の特定が遅れると治癒が遅れたり
症状が再発するケースも少なくはないため、注意が必要です

また、最近では多くの症状で手術よりも
保存治療(筋力トレーニングやリハビリなど)のほうが
治癒率も再発率も低く、予後が比較的良いため
ほとんどのケースで手術せずに
最低限度必要な安静期間を設けてのリハビリや
筋力トレーニングを行うことが効果的だと言われています

当院では国内トップの股関節外来医師などと連携をとり
プロアマ問わず鼠径部痛に効果的な治療を実践
より早い競技復帰と再発防止を行っております
鼠径部痛でお悩みの方はまず一度御相談下さい!



posted by 浜田山大地整骨院 at 18:46 | スポーツ障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。